秋といえば紅葉。近場に行くのも良いですが、たまには足を伸ばして、いつもとは一味違った紅葉を楽しみたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小旅行にピッタリな国内の紅葉の名所をご紹介します。

飛行機に乗って移動をするサラリーマンのイメージ

【香嵐渓(こうらんけい)/愛知県】

香嵐渓は愛知県豊田市足助町にある渓谷で、辺り一帯に紅葉が広がっており、まさに絶景です。毎年「香嵐渓もみじまつり」も開催されており、夜は美しい紅葉を幻想的にライトアップしているので、昼夜問わず楽しむことができます。

渓谷ならではの、水と紅葉の調和に息を飲むこと間違いなしの名所です。

【亀山湖/千葉県】

亀山湖は千葉県君津市に位置する湖で、紅葉シーズンでなくとも、釣りやキャンプを楽しむことができます。こちらの紅葉の楽しみ方は様々で、散策やハイキング、そしてクルージングをしながら絶景に浸ることができます。

クルージング設備も種類が豊富で、自分の好きなように見て回りたい方は手漕ぎボート、ゆっくりと景色の良い場所を回りたい場合には遊覧船など、自身で選ぶことができるため、好きなように観光を楽しみたい方にはぴったりです。

【鶴仙渓(かくせんけい)/石川県】

石川県加賀市山中温泉に位置する渓谷であり、黒谷橋からこおろぎ橋までの約1kmの区間のことを言います。紅葉が美しいのはもちろんのこと、古風な橋と紅葉の調和は、和の心を思い出させます。

周囲には温泉街があるため、観光地としては申し分ない場所となっています。

【メタセコイア並木/滋賀県】

メタセコイア並木は滋賀県高山市にある、その名の通り並木道です。しかし、その規模は雄大で、総延長は2.5kmにも及びます。

500本ものメタセコイヤの木によって作られた並木道は遥か先が見えるほどのまっすぐにできており、全てのメタセコイヤが紅葉を始めるとまさに絶景。

是非とも車を走らせたい場所となっております。メタセコイア並木は一般道のため、回りに迷惑をかけないよう楽しめると良いですね。

以上、4つの紅葉の名所をご紹介しましたがいかがでしたか。いずれも絶景の紅葉を楽しむことができるので、たまには泊りがけで自然と触れ合うのも良いですね。

旅行するならここ!国内の紅葉の名所4選